発信回路とか

2008年03月26日

トランジスタのE−B接合ブレークダウンによるhFE,ノイズ劣化

130 熱暴走 ◆2SA784NN.A sage 04/04/13 23:11 ID:u3H4Spoz
web上を探したけど、似たような資料が無かったのでハンドコピペ。

NECデータブック シリコン小信号トランジスタ ’96.8の技術資料
「トランジスタのE−B接合ブレークダウンによるhFE,ノイズ劣化」
より抜粋

続きを読む このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ものねた at 12:01 | 発信回路とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

PLLについて勉強中です。

12 5の質問者 03/12/30 02:04 ID:au98/tPG
>>7
PLLについて勉強中です。

ところで
広範囲レシーバーの局発のようにとてつもなく大きな範囲(10KHz〜1000MHz)の
発信周波数を制御するにはそれなりのVCOが必要だと思うんだけど、
具体的にどうやってるんですかね?(別に無線機作る訳じゃないけど)

>>9
さっそくその本しらべて見ます。
マイクロ・ストリップについても調べてみます、コンデンサとは似て違うようですね。

>>10
>エミッタを浮かせた
と言うのがどういう状態なのか解りませんでした、勉強不足ですみません。
それにコイル制作でかなり誤差が出ませんか?

続きを読む このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ものねた at 12:01 | 発信回路とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

狭帯域になる要因は回路動作が共振構造

31 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 04/01/02 01:32 ID:ZxxkRKZu
元来アホなんでウズウズしてしまい最後のカキコ
狭帯域になる要因は回路動作が共振構造に由来しているからであり、
それはマイクロ波回路の構成手法から今考えるプリスケーラを考える為に
生じる限界じゃないでしょか?

アホです。

続きを読む このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ものねた at 12:01 | 発信回路とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。