Veboが大きい2SC2878みたいのを使えばいいのかな?

2008年03月19日

Veboが大きい2SC2878みたいのを使えばいいのかな?

100 774ワット発電中さん sage 04/04/05 08:38 ID:fpTmww/m
Veboが大きい2SC2878みたいのを使えばいいのかな?
ブレークダウンさせるとhfeが低下して雑音等諸特性が劣化すると聞いたことがあります。
趣味でオーディオ回路とか作るときはテーピングからはずしたばっかりの新鮮な1815を使うことにしてます。

101 通りすがり@ 04/04/05 14:24 ID:0LyCcooR
>>100
結構いい石がありますね。値段も40円くらいで耐圧25Vはすごいですね。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/td/ja/Transistors/Bipolar_SmallSignal_Transistors/20020201_2SC2878_datasheet.pdf
通常の部品は5V程度までしか保証していませんので、通常はこれ以上に
逆電圧がかからないように保護を入れていますね。

102 774ワット発電中さん    04/04/06 09:47 ID:HOY9NxXY
>>99
そうすると、昔のアマチュア機に入っていたマーカーの分周器は
みんな不良品ってことなのかな。

今、回路図を眺めてるけど、ふつうの回路だよ

103 通りすがり@ 04/04/06 11:03 ID:2Hs6xX1F
>>102
そう ふつうの回路だよ
このWebに判りやすく書いてあるよ。でも12Vではそのうちトランジスタが
劣化するよ。 http://www.hobby-elec.org/ckt7_2.htm

104 774ワット発電中さん 04/04/06 22:03 ID:AppfmYwm
相手側(もう一方という意味)のTRがONしたとき、コンデンサのコレクタに
つながっている側が接地される。この端は直前まで電源電圧まで充電されて
いたのに、これがこのときから接地状態になる訳だから他端はーになる。
だからコンデンサのベース側には電源電圧とほぼ等しい逆電圧が加わる、
この電圧がマイナス、だからBE間がブレークダウンする。すると
時定数が違ってくるずら。だから発信周波数(周期)が計算と違って
くる。

105 774ワット発電中さん sage 04/04/06 23:22 ID:IPggnOrS
>>103
それって、逆電流のエネルギーによって劣化したり
しなかったりすると言うことはないですかね。
時定数が同じでも大きなコンデンサを使うと劣化するとか。
当てずっぽうですけど。

106 774ワット発電中さん PLC反対sage 04/04/06 23:36 ID:qyTDVoPg
まだ回路の理屈がよくわかってなかった消防のころの記憶だから
結構いい加減だが、24Vの車用でも無安定マルチはあったと思
う。ただ、このころよく見かけたのは、4石で、
PNP2本にNPN2本をつかった変形無安定マルチだったよう
に思う。どんな回路かみつかればいいけど。

107 2SC774 04/04/07 00:44 ID:GKXMuCa5
>>104
たしかにシミュレータを使うとこんな答えが出てくる。

しかし、もう一度考えて欲しい。
そのトランジスタを逆バイアスする電圧、
言い換えればエミッタに掛かる電圧は
一体どこを流れている?

GNDだな。

シミュレータでは高インピーダンス(ただし内部的にはゼロインピーダンス)
の電圧元として電源が振る舞うので
GNDに電圧を出すが、
実際はGNDはGNDじゃなかろうか。

シミュレータを使う事による害毒がこんなところにまで
来ているとは......、
悪いが、皆ではんだごてを持ってみないか?

108 774ワット発電中さん sage 04/04/07 03:00 ID:JTlboeSl
神と鉛筆もな。

109 774ワット発電中さん 04/04/07 08:20 ID:DtwChsmk
>>107
片方のトランジスタがONすると、今までVccだった電圧が0Vになり
反対側のコンデンサの電圧は0.6Vだったのが 0.6V-Vccになってしまい
ベース電圧が-Vcc近くになるんじゃないの。
コンデンサの電流は制限抵抗が無いので、コンデンサの容量が大きければ
大きいほどトランジスタの劣化が進むと思うよ。
簡単な回路だから、作って実験してみたら?

110 774ワット発電中さん sage 04/04/07 12:26 ID:4Oms5iaF
捨て1815用意して>>103のサイトの回路をブレッドボードに組んでみました。
ttp://cgi.2chan.net/up2/src/f52518.jpg
GNDとX点(ベース)の間を見てます。アナログオシロなので撮影しやすくするために
Cを0.01uFにして発振周波数を上げました。Vccも30Vまで上げてます。
スパイク状になってる部分で短時間に強烈に放電してる余寒。実験前はテスタの
hFEレンジで両方とも170位あった(C1815-Yクラス)のが小一時間ほど放置しといたら
片方115、もう片方90位まで下がりました。

111 通りすがり@ 04/04/07 13:06 ID:DtwChsmk
>>110 
再現試験 有難うございます。
ということで12vのマルチバイブレータの使用は注意が必要です。

アナログCMOS集積回路の設計 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ものねた at 12:01 | 発信回路とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。